www.4GUITARS.com analysis

Sep 06 2019

Title

これもリサイクル?物を捨てずに大切にする日本人の知恵

Keywords

不用品回収,北区

Description

日本は、昔から1つの物を大切に使ったり、壊れても何度も直したりする文化でした。\nそれも、戦後よりもっと遡った江戸時代にもリサイクルの概念が取り入れられていたそうです。\nまた、そこには日本人としての「知恵」も反映されているのです。

Header

Date : Fri, 06 Dec 2019 02:58:14 GMT
Server : Apache/2.4.41 (cPanel) OpenSSL/1.0.2t mod_bwlimited/1.4
Last-Modified : 2019-05-31 19:22:48
Content-Encoding : gzip
Vary : Accept-Encoding
Cache-Control : max-age=604800
Expires : Fri, 13 Dec 2019 02:58:14 GMT
Content-Length : 3710
Keep-Alive : timeout=5, max=100
Connection : Keep-Alive
Content-Type : text/html; charset=UTF-8

Suffix ,Language

info ja

DNS

MX:MX preference = 0 mail exchanger = 4guitars.info.
NS:ns1.iq-servers.com.,ns2.iq-servers.com.
A:4guitars.info.,159.174.68.65
CNAME:4guitars.info.

Whois

>Domain name
4GUITARS.INFO
Registrar
GMO Internet Inc. d/b/a Onamae.com
Whois Server

Referral URL

Updated Date
2019-07-29 20:32:08
Creation Date
2019-05-30 11:53:25
Expiration Date
2020-05-30 11:53:25
Name Servers
0:NS1.IQ-SERVERS.COM
1:NS2.IQ-SERVERS.COM
Status
clientTransferProhibited https://icann.org/epp#clientTransferProhibited
Emails
abuse@gmo.jp
Name

Org
Whois Privacy Protection Service by MuuMuuDomain
Address

City

State
Fukuoka
Zip

Coutry
JP

Ads analysis

Website Content

# これもリサイクル?物を捨てずに大切にする日本人の知恵

リサイクルにおける古くから伝わる日本の特徴を紹介

* 日本特有のこと
* 海外との比較
* 江戸時代に習う
* 問題と改善点

*
*
*



## 古き時代に学ぶリサイクルの知恵

家庭ごみの仕分けやリサイクルの場面でよく使用される「分別」と「選別」。
分別は、ゴミを出す人が、ゴミの素材や種類ごとに分けることを言い、選別は、集まったゴミの中から資源になる素材を選び、種類ごとに分けることを言います。
この分別と選別の取り入れ方は、世界各国で異なっているようです。

MORE



## 究極のリサイクル産業な社会

今は昔、遡ること江戸時代は、太陽のエネルギーと水、肥料で生活が営まれていました。 これは、自然のサイクルの中で当たり前のようにしていたことだったそうです。
当時、海外から輸入することもなく、自国で自給自足が成り立っていたのは、物を大切にした知恵から、豊かな文化を生みだしていたのかもしれません。

MORE



## 3Rを優先!日本も変わるリサイクル志向

3Rは、リデュース、リユース、リサイクルの3つを表す言葉です。
リデュースは、ゴミ削減の為、必要以上の消費をせず、使用量を減らすこと、リユースは、お下がりなど、一度使用したものを再利用すること、そしてリサイクルは、ゴミを再資源化し、新しい製品の材料として利用することで、この3Rの意識がポイントです。

MORE

## おすすめリンク

### 北区エリアの不用品回収事情は?

北区エリア内の不用品回収はどうなっている?依頼したことがある住人の体験談。必読です!

## リサイクル現場で使われる分別と選別の違いは何?



現代は、日本のみならず、多くの国が昔よりも技術の進歩や発展により、豊かな国となってきましたが、便利な物が増えたことが、果たして「本当の豊かさ」と言えるのでしょうか?
昔、よく使用されていた「火鉢」を例にして見てみましょう。
火鉢は、囲炉裏などに置かれ、暖をとる、部屋の温度調整、洗濯物を乾かす、お酒や煮物を温める、お湯を沸かす…など各家庭では1つで何でもできる万能のものとして重宝されていました。
今は、エアコン、ストーブ、乾燥機、ガスコンロ、ケトル…などたくさんの便利な電化製品が存在し、私たちの生活には欠かせないものになっていますが、このたくさんの家電が、昔は火鉢1つで賄えていたと思うと、便利=最善かどうか考えてしまいます。
このように昔は、家電製品は1つも存在しておらず、それどころか今では各家庭や施設等どこでも簡単に使える、電気やガスなどもなく、水道に関しても、昔は限られた場所にある井戸から水をくみ上げ、水も貴重なものでした。
それだけを取ってみても、昔より遥かに便利になったことは一目瞭然ですが、その一方で、人と人との繋がりは薄れ、生活の知恵も伝わりにくい環境となってしまいました。
また、便利になればなるほど、地球には悪影響なことも多いのです。
エアコン1つとっても、涼しくしたり、暖かくしたりと大変便利なものですが、それによって排出される二酸化炭素やダイオキシンは、地球の温暖化を加速させているため、結局は地球環境にとって負のループになってしまっています。
昔は、不自由さゆえに、物を大切にしようとした人々の知恵によって、たくさんの豊かさが生み出されてきました。
現代は、「リサイクル」を環境問題の1つとして取り組んでいますが、昔のような自然との共生や人間の知恵こそが豊かな社会を生み出すことを参考にし、伝えていくことが出来れば、本当の意味での豊かさに繋がるのではないでしょうか。

* List
地球環境問題について
廃棄物が活かされた例
循環型社会と文化伝承
ゴミ問題に向き合う

▲ TOPへ戻る

* List
地球環境問題について
廃棄物が活かされた例
循環型社会と文化伝承
ゴミ問題に向き合う

Copyright © これもリサイクル?物を捨てずに大切にする日本人の知恵. All Rights Reserved.